井戸掘りをする前の大切なお約束|地盤の重要性

作業員

家屋の様式

地盤改良

用いる工法により費用は決定される

地盤改良工法は大きく分けて3つの工法があります。表層改良工法、柱状改良工法、鋼管杭です。大抵の地盤改良にはこれらの工法が用いられ、土地の状態、家屋の状態によって決定されます。地盤改良の平均的な金額は、戸建て住宅の場合は50万円から200万円が相場とされています。それぞれの工法の1坪あたりの金額は、表層改良工法は3万円程度、柱状改良工法は4万円から5万円、鋼管杭は5万円から7万円となっているようです。建築する家屋の様式により、工法が変わってくる場合もあります。例えば平屋と2階建て3階建ての場合には重さに耐えられる工法を用いる必要がありますし、木造か鉄筋かでも必要な地盤の強度は変わってきます。強度を高めたい場合、費用は上乗せされていくのを念頭に置いておくと良いでしょう。

地盤改良に用いられる3つの工法の説明

表層改良工法は、軟弱地盤が2メートル以内に存在する際に行えます。表層にある軟弱地盤を掻き出し、土と固化剤を混ぜてならし、重機やローラーで固めます。2メートル以上、8メートル程度になると、柱状改良工法を用います。柱状工法は、土の中にコンクリートの柱を作ります。柱の径は60センチで1820ミリ間隔で配置することになっています。鋼管杭は、深度2メートル以上で30メートルまでは工事が可能とされています。その他鋼管杭は、狭小地など、大型重機の搬入が困難な時にも用いられます。鋼管杭は、地中に杭を打ち込む工法で、強固地盤まで挿入していき、設計で指示された高さで切断し雨水などが入らないように溶接して蓋をします。杭は耐腐食性に優れた素材を用いるのが一般的とされています。これらの工法を用い、あらゆる地盤改良を行った後、建物を建設する流れになっています。